学校法人 尚美学園

尚美学園について

建学の精神「智と愛」のもと、発展を続ける尚美学園

学校法人尚美学園は、建学の精神として、美を尊重し(尚美)、高い教養(全人教育)の叡智と思いやりの心を育む「智と愛」を掲げています。
尚美学園の発祥は、1926年(大正15年、昭和元年)、東京市本郷真砂町(現東京都文京区本郷)の地に赤松直によって「尚美音楽院」が私塾として開設された時に遡ります。校名の「尚美」は、「美(芸術)を尚(尊)ぶ」からとられ、教育方針として「誠実な人間・豊かな教養、有為な音楽人の養成」が掲げられました。
創立者赤松直は、東洋音楽学校(現東京音楽大学)を卒業後、ヴァイオリニストとして演奏活動を中心に活躍し、その後半生を音楽教育に力を注ぎました。代々医家の家系に育ち、その遠祖は江戸中期安永年間に笠間藩御典医に取り立てられ、後に業績を称えられた藩医となった赤松寿軒です。医家である赤松家は、「医は仁術なり」という思想の中で、特に人間が備え持っている愛情(=仁)すなわち「慈愛」の心に重きをおきました。本学園の建学の精神の淵源です。
本学園は音楽・芸術教育を通して様々な情報発信や、実験成果の提供など発信を続け、国内外に大きな影響を与えるだけでなく、音楽業界のみならず広く一般社会に絶大な信用と評価を得てまいりました。今後もたゆみない発展を続け、社会のニーズに的確に対応してまいります。

自ら考え、行動できる精鋭の人材育成を目指して

久保公人理事長

学校法人尚美学園は、尚美学園大学、同大学院および尚美ミュージックカレッジ専門学校を設置しております。

尚美学園大学は、『芸術と科学の融合』というコンセプトのもと、平成12年に「勇気・創造」を開学の指針として設立し、現在では、芸術情報学部(音楽表現学科、音楽応用学科、舞台表現学科、情報表現学科の4学科)、総合政策学部(総合政策学科、ライフマネジメント学科の2学科)の2学部6学科により、様々な分野で活躍できる人材育成を行っております。
大学院は、総合政策研究科と芸術情報研究科を設置しております。

尚美ミュージックカレッジ専門学校では、演奏家、俳優、ダンサー、映像・音響技術者、レコード会社、放送会社など、音楽・エンタテインメント業界の要請に合わせた13学科を擁し、「伝統と改革」を旨とし、パーソナル教育、実践教育、コラボレーション教育の三つのポリシーのもと、業界直結型の人材育成を行っております。

IT化、デジタル化の流れの中で、音楽をはじめとする芸術や科学における創造・表現分野を取り巻く環境も大きく変化しております。本学園は、21世紀を通して変化する社会からの要請に応えるために、教育内容の変革、カリキュラムの改革、能力開発プログラムやフィールドワークの推進、インターンシップの実施などにより、『自ら考え、行動できる精鋭の人材育成』を目指します。

事業報告

平成20年度 事業報告書 (PDFファイル 729KB)
平成21年度 事業報告書 (PDFファイル 661KB)
平成22年度 事業報告書 (PDFファイル 402KB)
平成23年度 事業報告書 (PDFファイル 351KB)
平成24年度 事業報告書 (PDFファイル 323KB)
平成25年度 事業報告書 (PDFファイル 557KB)
平成26年度 事業報告書 (PDFファイル 544KB)
平成27年度 事業報告書 (PDFファイル 604KB)
平成28年度 事業報告書 (PDFファイル 883KB)

事業計画

平成23年度 事業計画書 (PDFファイル 800KB)
平成24年度 事業計画書 (PDFファイル 235KB)
平成25年度 事業計画書 (PDFファイル 461KB)
平成26年度 事業計画書 (PDFファイル 485KB)
平成27年度 事業計画書 (PDFファイル 319KB)
平成28年度 事業計画書 (PDFファイル 450KB)
平成29年度 事業計画書 (PDFファイル 489KB)

一般事業主行動計画

学校法人 尚美学園 行動計画 (PDFファイル 117KB)

ページの上へ
copyright © Educational Corporation Shobi Gakuen.